医療保険の商品比較をしている時は、できるだけ価格が低いものが目につきますよね

医療保険の商品比較をしている時は、できるだけ価格が低いものが目につきますよね。毎月毎年支払っていくことを考えると、やはり一番ネックになるのが保険の価格でしょう。最近では加入している保険の見直しをする家庭も少なくありません。長引く不況で家計は圧迫されるばかりですから、保険料を抑えることは真っ先に考えてしまいますね。万が一のことを考えれば、家計が苦しいからと言って契約破棄はおすすめできません。価格はおさえてでも加入しておいたほうがいいですよね。

生命保険には、掛け捨てという種類の商品があります。掛け捨ては保険の商品の中でもかなり安価ですので、今後支払う金額を抑えることが可能になります。というのも、この対応は健康一時金のようなボーナス報酬や、5年に1度のプレゼント金といったものが設定されていないからです。また、契約満期時に、まとまった金額を受け取るサービスもありません。それだけ、毎月毎年の支払いを少なくできるわけです。

掛け捨ての生命保険だと、内容も薄いのでは?と心配になる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、掛け捨てだからといって、ボーナス報酬やプレゼント金のある契約と差が出るわけではありません。契約期間中に起こった怪我や事故は、しっかりカバーしてもらうことが可能です。掛け捨てというとまるで保険料が捨てられてしまうようなイメージを持つ方もいらっしゃいますが、そんなことはありませんので安心して下さい。

 



link/ 00/ 01/ 02/